コンテンツ
ヘッダ

hana*biyori

毎日を幸せ気分にしてくれるフワフワでモチョモチョな黒毛魔獣=華タンの日常をつづる親バカ炸裂BLOG

カレンダー

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
虹の橋
記事本文
天国のほんのちょと手前に、「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

特別に愛する誰かといっしょに生きてきた動物たちは、
一生を終えるとこの虹の橋にやって来ます。

そこには草原や丘が広がり、
可愛いあの子たちはみんなで駆け回って遊ぶことができるのです。

食べ物も水もたっぷりとあり、太陽の光は満ちあふれ、
あの子たちはあたたかく、そして幸せです。

病気だった子、年老いた子、傷ついた子、体の不自由だった子。。。
みんな元気を取り戻し、元通り、丈夫な体になります。
過ぎ去っていったあの日の夢の中のように。
みんな幸せで、満たされています。たった1つのことを除いては。

あとに残してきてしまった、愛するあの人に会えないことが淋しいのです。

あの子たちは、みんなでいっしょに駆け回って遊んでいます。

しかし、”その時”が来ると、その中の1匹は立ち止まり、遠くをじっと見つめます。
キラキラと輝く瞳は、一心に何かを見つめ、体は嬉しさのあまり、小さく震え始めます。
そして、仲間から急に離れると、緑の中を飛ぶように走り出します。

そう。
大好きなあなたの姿を見つけたのです。

やがて、ふたりは再び触れ合います。
やっと出会えたふたりは、抱き合い、そしてもう、二度と離れることはありません。
あの子はあなたの顔にキスを浴びせ、あなたは、可愛いあの子を優しく撫でます。

それからあなたは、あの子の瞳をのぞきこみます。
長いこと会えなかったけれど、1度だって忘れたことはない、信頼に満ちたその瞳を。

そして、ふたりは仲良く 虹の橋を渡っていくのです。



      作者不詳 
      日本語訳 : めぐ
      無断転載不可




 ワッ![転載ご希望の方へ]

 「虹の橋」の転載ご希望の方は、必ず「めぐさん」のホームページ にて
 転載方法を御覧の上、ご自分のホームページへ載せて下さい。


記事続き
右サイドバー1
タイトル

検索

本文


タイトル

プロフィール

本文
タイトル

リンク

本文
タイトル

モバイル

本文
qrcode
タイトル

アザーズ

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

アマゾン

本文
タイトル

フリースペース3

TIME
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR.  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.